論文等初出一覧

論文
1974 心理・食生活と疾病との関係(第1報) : 心理と嗜好(心理テスト)
矢野 敦雄 , 野田 俊作 , 倉堀 知弘 , 石上 重行
精神身体医学 14(6), 369-370, 1974-12-01
1975 心理・食生活と疾病との関係(第2報)-胃潰瘍患者の心理・食生活上の特性(新しい課題)
野田 俊作 , 矢野 敦雄 , 石上 重行
精神身体医学 15(6), 424-425, 1975-12-01
1976 老人の心身愁訴と環境・食事因子との関連
矢野 敦雄 , 野田 俊作 , 磯 典理
心身医学 16(6), 383-384, 1976
  心理療法の技術についての考察(第1報)
頼藤 和寛 , 高石 昇 , 日野 頌三 , 辻本 太郎 , 野田 俊作
心身医学 16(6), 415, 1976
  系統的脱感作法を中心にして
高石 昇 , 日野 頒三 , 辻本 太郎 , 野田 俊作 , 島田 修 , 曽我 昌〓
行動療法研究 2(1), 3-9, 1976
1977 新しい心理療法の技術について(II)
頼藤 和寛 , 日野 頌三 , 辻本 太郎 , 野田 俊作 , 福田 俊一 , 榎本 良広 , 高石 昇
心身医学 17(6), 397-398, 1977
1978 芸術の機能 「舞踊研究」帝塚山短期大学舞踊研究室 15, 9-2, 1978-11
1981 即興についての即興
野田俊作、頼藤和寛
「舞踊研究」帝塚山短期大学舞踊研究室 18, 18-30, 1981-6
1982 家庭内暴力の薬的療法(精神・神経(1)) : Carbamazepineと抗精神病薬の併用
籠本 孝雄 , 坪井 真喜子 , 頼藤 和寛 , 野田 俊作
心身医学 22(Abs), 57, 1982
  行動療法は効くか? : 登校拒否症に対して
野田 俊作 , 坪井 真喜子 , 島田 修 , 曽我 昌祺 , 前田 泰宏 , 田中 弘美
行動療法研究 7(2), 50-51, 1982
1983 家庭内暴力の薬物療法
野田 俊作 , 坪井 真喜子
心身医学 23(4), 338-339, 1983
  家庭内暴力の薬物療法 : Carbamazepineと抗精神病薬の併用
籠本 孝雄 , 坪井 真喜子 , 頼藤 和寛 , 野田 俊作 , 夏目 誠
心身医学 23(2), 175, 1983
  家庭内暴力の薬物療法–カルバマゼピン(テグレト-ル)と抗精神病薬の併用
籠本 孝雄 , 谷口 典男 , 野田 俊作
精神医学 25(12), p1295-1299, 1983-12
1984 アドラー心理学の基本前提 (1)目的論 アドレリアン 1(1), 5-7, 1984-08
  アドラー心理学の基本前提 (2)全体論 アドレリアン 1(1), 9-11, 1984-08
  全家族カウンセリングによる夫婦関係調整の一経験
浜田高子,野田俊作
アドレリアン1(1),19-25, 1984-08
  翻訳 カウンセリングと心理療法における『再発奨励法』について
R.J.コーシーニ著・野田 俊作 訳
アドレリアン 1(1), 27-30, 1984-08
1985 アドラー心理学の基本前提 (3)対人関係論 アドレリアン 1(2), 45-47, 1985-08
  アドラー心理学の基本前提 (4)認知論 アドレリアン 1(2), 48-52, 1985-08
  講義ノートから アドレリアン 1(2), 63-68, 1985-08
  助言の方法 アドレリアン 1(2), 69-77, 1985-08
  翻訳 『コーンスープ』原理-治療効果にかかわりなく心理療法家として成功する法-
W.F.エプリング,J.Bウッドワード著 野田 俊作 訳
アドレリアン 1(2), 102-106, 1985-08
  精神科医からみた少年非行 家庭裁判月報 37(10), p26-57, 1985-10
1986 神経症の身体愁訴
頼藤 和寛 , 田中 則夫 , 中尾 和久 , 野田 俊作 , 辻本 太郎 , 西村 健
心身医学 26(3), 280, 1986
1987 アドラー心理学の東洋的展開 (1)個人の存在様式をめぐって アドレリアン 2(1), 3-8, 1987-08
  翻訳 アドラー心理学の定義をめぐって
国際アドラー心理学会科学委員会ドイツ語圏小委員会 野田俊作 訳
アドレリアン 2(1), 50-52, 1987-08
  Adlerian Group Therapy and Meditation 17th International Congress of Individual Psychology, July, 1987, Munster, West Germany
1988 解釈と正対の技法 アドレリアン 2(1), 85-92, 1988-08
  アドラー心理学の非行臨床への応用
山田周作,前田憲一,藤澤光春,伊東龍彦,小畑勝利,野田俊作
アドレリアン 2(1), 103-143, 1988-08
1989 翻訳 第7章 無治療の選択
A.フランシス、J.クラーキン、S.ペリー著 野田 俊作 訳
「精神科鑑別治療学[理論と実際]」星和書店, 205-239, 1989-12 
1990 Buddhism and Individual Psychology Inf. J. of IP & Com : Vol 1 No.1 1990
  エスペラントによるアドラー心理学用語集(1) アドレリアン4(1), 27-31, 1990-08
1991 技法選択をめぐる電子書簡より アドレリアン 4(2), 76-85, 1991-7
  心理療法学の科学性をめぐる電子書簡より アドレリアン 5(1), 14-22, 1991-10
1992 拒食の女の子との対話 アドレリアン 5(2), 110-114, 1992-10
  翻訳 Social Interestという概念
H.アンスバッハー著
田中貴子、鎌田穣、名越康文・宮野栄・今井たよか・河瀬雅紀・野田俊作訳
アドレリアン5(2), 130-144, 1992-03
  精神分裂病をめぐる電子書簡より アドレリアン 6(1), 25-32, 1992-10
  翻訳 人類の進歩 A.アドラー著 田中貴子・鎌田穣・名越康文・宮野栄・田中雄治・河瀬雅紀・野田俊作 訳 アドレリアン6(1),39-42, 1992-10
1993 心理学における創造性と土着性 アドレリアン 6(2), 71-80, 1993-4
  論理的結末 アドレリアン 7(1), 1-6, 1993-10
  早期回想解釈についてのノート アドレリアン 7(1), 27-36, 1993-10
 

翻訳 「私は共同体感覚を“持って”いない」構成概念としての共同体感覚
H.H.モサク著
田中貴子・鎌田穣・名越康文・池本明弘・田中雄治・松原良枝・田中省三・野田俊作 訳

アドレリアン7(1), 49-59, 1993-10
1994 翻訳 アドレリアンとは何だろうか?
レイモンド・コルシーニ著
鎌田穣・田中貴子・松原良枝・福田佳子・田中雄治・池本明弘・田中省三・野田俊作 訳
アドレリアン7(2), 106-109, 1994-03
1997 スポック博士の敗北 アドレリアン 10(3), 155-158, 1997-02
  劣等感をもつ子の行動と心理 児童心理 51(7), 577-585, 1997-05
  アドラー心理学とフロイト心理学のエピソード分析法 アドレリアン 11(1), 1-7, 1997-07
  アドラ-心理学を実践しない治療者は存在しえない アドレリアン 11(1), 93-95, 1997-07
  仏教の因果論 アドレリアン 11(2), 114-123, 1997-10
1998 個人の主体性 アドレリアン 11(3), 203-208, 1998-01
  坂本洲子氏のSMILE運用の問題点(1) アドレリアン 12(1), 23-34, 1998-05
1999 甘い親・厳しい親・優しい親–アドラー心理学の立場から 児童心理 53(5), 433-441, 1999-04
  第Ⅲ部 技法論 8章 アドラー派療法 「臨床心理学①カウンセリングと精神療法[心理治療]」培風館, 203-209,1999-7
  岩井俊徳氏らの宮台真司批判におけるアドラー心理学理解の問題点 アドレリアン 13(2), 73-82, 1999-10
2000 日本のアドラー心理学
中島弘徳・鎌田穣・岸見一郎・野田俊作
アドレリアン13(3), 143-145,2000-03
  Individual Psychology in Japan
Hironori Nakajima, M.Ed., Samuel Minoru Kamata, Ph.D., Ichiro Kishimi, M.A., and Shunsaku J. Noda, M.D.
アドレリアン13(3), 146-150,2000-03
  アドラー心理学と仏教における全体論 アドレリアン 14(1), 1-9, 2000-06
  翻訳 アドラー心理学の基本前提(1)
B.H.シャルマン著
鎌田穣、岸見一郎、内藤みちよ、中島弘徳、野田俊作、野間浩一、畠中智子 訳
アドレリアン14(1),15-18,2000-06
  The Concept of Holism in Individual Psychology and Buddhism
Noda, Shunsaku J.
The Journal of Individual Psychology, Vol 56, No 3, Fall 2000:285-295
  選択できない可能性 アドレリアン 14(2), 67-71, 2000-10
  翻訳 アドラー心理学の基本前提(2)
B.H.シャルマン著
鎌田穣、岸見一郎、内藤みちよ、中島弘徳、野田俊作、野間浩一、畠中智子訳
アドレリアン14(2),135-140,2000-10
  励まし上手な親とは 児童心理 54(11), 1009-1017, 2000-08
2002 多重人格モデルのアドラー心理学 アドレリアン 15(3), 197-207, 2002-02
2003 Individual Psychology in Japan (2)
Hironori Nakajima, M.Ed., Munekazu Hattori, M.D., Samuel M. Kamata, Ph.D., Ichiro Kishimi, M.A., Shunsaku Noda, M.D.
アドレリアン16(3), 163-166, 2003-02
  日本のアドラー心理学(2)
中島弘徳・鎌田穣・岸見一郎・野田俊作
アドレリアン16(3), 167-170, 2003-02
  翻訳 モザク博士の反折衷論
Mosak Harold , 野田 俊作 訳
アドレリアン 17(2), 83-85, 2003-10
2004 アドラー心理学と現代心理療法の接点 精神療法 29(1), 55-60, 2003-2
  数理アドラー心理学は可能か アドレリアン 18(1), 1-7, 2004-06
  アルフレッド・アドラー–フィクションとしての心理学 大航海 (51), 92-98, 2004
2005 カウンセリングのデザイン アドレリアン 19(1), 1-12, 2005-10
  アドラー心理学 「心理療法ハンドブック」乾吉佑ほか編, 創元社, 152-157, 2005
2006 私とは誰か アドレリアン 19(2), 91-102, 2006-03
  真心を目覚めさせる アドレリアン 19(3), 233-243, 2006-06
  アドレリアン・セラピーとは何か アドレリアン 20(1), 9-16, 2006-10
  翻訳 他者とは誰か?–アドラーと禅における共同体感覚と縁起相依性
Bazzano Manu , 野田 俊作 訳
アドレリアン 20(1), 17-26, 2006-10
  アドラー心理学と子どもの権利 子どもの権利研究 = Children’s rights journal (8), 52-57, 2006-02
2007 ポストモダン思想とアドラー心理学 アドレリアン 20(2), 89-99, 2007-02
  語りなおしとしての心理療法 アドレリアン 20(3), 271-282, 2007-06
  翻訳 ユダヤ思想とアドラーの個人心理学の類似性
Rietveld Gert , 野田 俊作
アドレリアン 21(1), 23-29, 2007-10
  ライフスタイル分析の新しい方法 (1)現在の問題の語りなおし アドレリアン 21(1), 1-10, 2007-10
2008 ライフスタイル分析の新しい方法 (2)家族布置と早期回想の分析 アドレリアン 21(2), 113-125, 2008-02
  翻訳 アドラー心理学のアイデンティティに関するチューリッヒ宣言 翻訳と解説 アドレリアン 21(2), 126-134, 2008-02
  ライフスタイル分析の新しい方法 (3)考察 アドレリアン 21(3), 215-224, 2008-06
  翻訳 共産主義と心理学
アルフレッド アドラー , 野田 俊作 訳
アドレリアン 21(3), 255-261, 2008-06
2009 ライフスタイル論をめぐる考察 アドレリアン 22(3), 233-248, 2009-06
  Using the Number One Priority and Sensory Type to Understand Life Style in the Group Workshop
Hironori Nakajima M.Ed., Tadashi Tanaka M.D., Masako Hagi, Keiko Okada, Shunsaku Noda M.D.
アドレリアン22(3), 258-265, 2009-06
  THE COUNSELING PROCESS IN PARENT-STUDY GROUPS BASED ON INDIVIDUAL PYCHOLOGY
Ayako Ihara, Masako Seino, Shunsaku J. Noda
アドレリアン22(3), 266-275, 2009-06
  共同体感覚と「かのように」 アドレリアン 23(1), 1-11, 2009-10
2010 価値相対主義の系譜 アドレリアン 23(3), 195-209, 2010-06
  アドラーはなぜ民主主義が嫌いだったか アドレリアン 24(1), 1-15, 2010-10
2012 Resistance Prevention in the Psychotherapeutic Process
Yuko Otake / Shunsaku Noda
アドレリアン 25(2). 106-112, 2012-02
  エピソード分析 アドレリアン 26(1), 3-11, 2012-10
2013 アルフレッド・アドラー フィクションとしての心理学 アドレリアン 26(3), 181-185, 2013-06
  アドラー心理学と人権思想 アドレリアン 27(1), 1-13, 2013-10
2014 アドラー心理学の現在と未来 精神療法 40(1), 38-41, 2014-02
  アドラー心理学にもとづくライフスタイル診断で夫婦関係が改善した一例
中所 英樹 , 井原 文子 , 山本 千恵 , 大竹 優子 , 野田 俊作 , 中川 晶
心身医学 54(3), 289, 2014
2015 エピソード分析のアルゴリズム アドレリアン 28(2), 81-87, 2015-02
2016 死に行く人を勇気づける アドレリアン 30(1), 1-7, 2016-10
2017 エピソード分析と治療共同体 アドレリアン 30(3), 163-172, 2017-06
  アドラー心理学(1) 外来精神科診療シリーズ「診断の技と工夫」中山書店, pp54-60, 2017.
  アドラー心理学(2) 外来精神科診療シリーズ「精神療法の技と工夫」中山書店, pp65-71, 2017.
  アドラー心理学 「臨床心理学」通巻100号臨床心理学実践ガイド, 金剛出版, pp462-463, 2017.
2018 二十世紀前半の思想状況の中でのアドラー心理学 アドレリアン 31(3), 183-192, 2018-06

著者名の記載のないものは単著論文です。

雑誌『アドレリアン』巻頭言
1984 アドレリアンの使命 アドレリアン1(1), 1984-08
1985 美しく老いる アドレリアン1(2), 1985-08
1988 折衷主義をめぐって アドレリアン2(2), 1988-08
1989 アドラーをもう一度読まなければ アドレリアン3(1), 1989-10
1990 アドラー心理学が身体化したカウンセラーを アドレリアン4(1), 1990-08
1991 陽気な人たちと熱心な人たち アドレリアン4(2), 1991-07
  21世紀の男らしさと女らしさ アドレリアン5(1), 1991-10
1992 守る/破る/離れる アドレリアン5(2), 1992-03
  善き友を持つ アドレリアン6(1), 1992-10
1993 思想・理論・技法 アドレリアン6(2), 1993-04
2014 本物のアドラー心理学について アドレリアン28(1), 2014-10
2020 アドラー心理学の未来のために アドレリアン34(1), 2020-10
書評
1984 心理学
西昭夫・国分康孝・山中祥男・菅沼憲治編
福村出版 アドレリアン 1(1), 12, 1984-08
  TATアナリシス
坪内順子著
垣内出版 アドレリアン 1(1), 17, 1984-08
  人生の意味の心理学
A.アドラー著 高尾利数訳
春秋社 アドレリアン 1(1), 26, 1984-08
  性格をつかむ
頼藤和寛著
創元社 アドレリアン 1(1), 26, 1984-08
1985 器官劣等性の研究
A.アドラー著 安田一郎訳
金剛出版 アドレリアン 1(2), 117, 1985-08
  人間関係ゲーム ータテマエとホンネの研究ー
頼藤和寛著
創元社 アドレリアン 1(2), 117, 1985-08
  神経症者とつきあうには ー家庭・学校・職場における論理療法ー
アルバート・エリス著 国分康孝監訳
川島書店 アドレリアン 1(2), 118, 1985-08
  ミルトン・エリクソンの心理療法セミナー
J・K・ゼイク著
成瀬悟策監訳 宮田敬一訳
星和書店 アドレリアン 1(2), 118, 1985-08
1987 戦略的心理療法 ーミルトン・エリクソンの心理療法のエッセンスー
J・ヘイリー著 高石昇訳
黎明書房 アドレリアン2(1), 39, 1987-08
  気づき ーゲシュタルト・セラピーの実習指導書ー
J・O・スティーブンス著 岡野嘉宏他訳
社会産業教育研究所出版部 アドレリアン2(1), 39, 1987-08
1988 戦略的心理療法の展開
J・ヘイリー著 高石昇・横田恵子訳
星和書店 アドレリアン2(2), 164, 1988-08
  意識のスペクトル(1),(2)
ケン・ウイルバー著 吉福伸逸訳
春秋社 アドレリアン2(2), 165, 1988-08
その他(随筆・講演・対話・追悼文など)
1987 随想 人間であること アドレリアン2(1), 61-64, 1987-08
1989 講演 社会参加がない子どもたち ー登校拒否生徒へのかかわりー アドレリアン3(1),48-60, 1989-10
  講演 子供の課題、親の課題、そして教師の課題 アドレリアン3(1),61-70, 1989-10
1992 講演 共同体感覚の諸相 アドレリアン5(2),79-85, 1992-03
  対話 野田俊作(大阪)さんから鎌田穣(大阪)さんへ アドレリアン6(1),65-66, 1992-10
1993 対話 野田俊作(大阪)さんから伊東毅(東京)さんへ アドレリアン6(2),143, 1993-04
  対話 野田俊作さんからの回答 アドレリアン7(1),66, 1993-10
1995 特集 医療ボランティア報告 アドレリアン9(1),39-42, 1995-06
  講演 カウンセリングの組み立て方 アドレリアン9(2),77-86, 1995-10
1998 対話 岩井俊憲氏の批判に答える アドレリアン 12(1), 91-106, 1998-05
  対話 本郷さんの疑問に答える アドレリアン 12(1), 138-140, 1998-05
  対話 岩井俊憲氏へ~再び岩井俊憲氏の批判に答える~ アドレリアン 12(2), 236-240, 1998-10
  対話 青柳惠三さんへ~主体性と創造性~ アドレリアン 12(2), 241, 1998-10
  参加録 シカゴ・ブルース アドレリアン 13(3), 213-220, 2000-03
2001 追悼 高崎吉徳さん アドレリアン 15(1), 33, 2001-06
  追悼 頼藤和寛博士を偲ぶ アドレリアン 15(2), 114-115, 2001-10
2003 随筆 AT THE CENTER OF THE WORLD –世界の中心で–  松尾文子訳 アドレリアン 16(3), 171-181, 2003-02
インタビュー記事等
1984 報告 INDIVIDUAL PSYCHOLOGY IN JAPAN 国際アドラー心理学会1984年版ニュースレター
Individual Psychology News Letter
1994 インタビュー 日本アドラー心理学会十年史 ー帆船アドラー号の航海者たちー アドレリアン8(2),117-121, 1994-10
1997 インタビュー 野田前会長に聞く アドレリアン10(3),235-238, 1997-02
  資料 飯国氏の会員資格をめぐる会長・近畿地区理事会と大阪事務局のやりとり アドレリアン11(1),27-28, 1997-07
  資料 近畿地方会の利益処分について アドレリアン11(1),29, 1997-07
  資料 資格更新について アドレリアン11(3),235, 1998-01
2000 インタビュー 野田事務局長に聞く アドレリアン14(1),19-25, 2000-06
2010 インタビュー アドラー心理学とは −野田俊作氏の回答ー <http://adler.cside.ne.jp/
about_adler_noda/index.html>
2022年5月1日アクセス
2011 インタビュー 教育の扉 社会に役立つ人になるためのクラスづくり 初等教育資料 (877), 44-48, 2011-09